イントラレーシックを受けました

---実際に手術を受ける際、どのような器具を使って手術をするのでしょうか?

レーシックは手術の仕方なども含めて種類がいろいろあるんです。

その中で、私はイントラレーシックというのをやっているんですが、イントラレースという機械を使って角膜にレーザーを当てて角膜をフタのように切って角度を付けてあげるということをします。

---イントラレーシックと普通のレーシックは何が違うのでしょうか?

イントラレーシックはイントラレースというレーザーを照射して一連の手術をする機械がそういう名前らしいのですが、普通のレーシックは角膜にフタのような物を作る時にスコップみたいな形のマイクロケラトームという機械を使うんです。

全てを制御出来る機械と、多少手動が入る機械の違いです。

---安全性や見え方で違いはありますか?

手術のやり口は同じだと思いますが、全てを電子制御しているものの方が精度が高くなるんです。

外科とかだと医者の腕がとか言いますけど、もの凄くデリケートなミリ以下単位の世界なので。

イントラレーシックというのが出始めた頃にやったんですが、精度がその当時1番確実な機械だというのでそちらを選んでいます。

品川近視クリニックの公式サイトはこちら
http://www.shinagawa-lasik.com/

関連エントリー

 
Copyright © 2012 視力はきちんと戻る?品川近視クリニックのレーシック手術体験談. All rights reserved